資料請求

停電が起きた場合の
太陽光発電システムの
活用方法

Blackout

停電時、「自立運転」への
切り替え方法

停電が発生しても、太陽電池が発電している間は電気が作られています。
パワーコンディショナをご自身で『自立運転』に切り替えることで、
パワーコンディショナ本体にあるコンセントや
壁面に設置されている自立運転用コンセントから非常用電力として電気を使うことができます。

≪自立運転用コンセントの
位置をご確認ください≫

自立運転用コンセントの設置位置を予めご確認いただくことをお勧めいたします。
設置位置がわからない場合は、販売店・施工店にご確認ください。
また、自立運転用コンセントを使用時は、自立運転に切り替えてからご使用ください。
自立運転用コンセントは、『非常用コンセント』『停電用コンセント』など、呼び方が異なる場合があります。

*自立運転時は、太陽光発電システムの搭載量に関係なく最大1,500Wまでしか使用できません。
*自立運転時の使用可能な電気量は、発電量により変動いたします。(使用可能な電力量は1,500Wに満たない場合があります。)
屋内にパワーコンディショナを
設置している場合

非常用電力が取れる自立運転用コンセントは、パワーコンディショナの本体(側面や下部面)にある場合と、本体とは別の場所(部屋内や廊下の足元など)に設置されている場合があります。

屋外にパワーコンディショナを
設置している場合

非常用電力が取れる自立運転用コンセントは、パワーコンディショナ本体とは別の場所(部屋内や廊下の足元、屋外など)に設置されています。

パワーコンディショナのメーカー及び製品番号の見方をご確認いただけます。
≪停電時の操作方法については、下記からご確認ください≫

  • kaneka
  • CMスペシャルサイト
  • ソーラーサーキットの家
  • カネカケンテック株式会社
  • みんなで育てる再生可能エネルギー
このページのトップへ