資料請求

トピックス

Topics

住宅用太陽光発電システムの火災事故に関するリスクアセスメントについて

重要

2019/12/27

いつも当社製品をお使いいただき、ありがとうございます。

令和元年12月26日に経済産業省は、「住宅用太陽光発電システムから発生した火災事故等」に係る事故等原因調査等の
報告書に基づくリスクアセスメントを公表しました。
今回のリスクアセスメントの対象は、野地板と太陽電池の間に鋼板等が設置されていない設置形態(鋼板等なし型)に限定されております。

当社の全ての屋根瓦一体型製品は鋼板が付帯されている設置形態(鋼板等付帯型)、もしくは住宅の屋根材の上に架台を取り付けて
設置するタイプ(屋根置き型)であり、いずれもリスクアセスメントの対象外です。
なお、お客様により一層安心していただくために、当社製品は対象外ですが、念のために経済産業省指定のリスクアセスメントを実施しました。
全製品で今後も安心してご使用いただけることを確認しております。
下記、添付PDFをご確認ください。

当社製品の火災に対する安全対策について、こちらに掲載しておりますのでご参照ください。

以下の住宅生産団体連合会のリリースもご参照ください。
住宅生産団体連合会2019年4月25日リリース
住宅用太陽光発電システムの火災事故等のリスク低減対策について」のお知らせ

本件に関するご質問やお問合せは、以下までご連絡いただくようお願いいたします。

お問合せ窓口
カネカソーラー販売株式会社
コールセンター お客様専用ダイヤル:0120-173-325
受付時間:平日 9:00~17:30 土日祝 9:00~17:00
年末年始を除く(12/31~1/3迄)

以上

  • kaneka
  • CMスペシャルサイト
  • ソーラーサーキットの家
  • カネカケンテック株式会社
  • みんなで育てる再生可能エネルギー
このページのトップへ